皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆爪の内出血・あざ記事一覧

 内出血とは、皮膚の下の細胞組織に出血が発生する障害のことです。
 内出血をすると、体表の皮膚に青紫色のあざが見られる事がよくあります。
 この内出血の原因は主に
⇒皮膚の内出血について(続きを見る)

◆紫斑病の可能性について

 特にぶつけてもいないのに足の裏に内出血が現れる場合は
●紫斑病
 の可能性が考えられます。
 紫斑病とは出血性疾患と呼ばれるもので、その原因は大きく2つに分けられます。
 ひとつは
●血管の異常に基づくもの
 そしてもうひとつは、出血を止める作用のある
⇒紫斑病の可能性について

◆爪下血腫について

 足の内出血障害で多い障害のひとつに爪の内出血があります。
 爪の内部がどす黒くなる内出血で黒づめなどとも呼ばれるものです。
 つま先を何かにぶつけたり靴のサイズが小さいものをはき続けた場合などに爪の内出血が発症します。
 この爪の内部の内出血のことを
●爪下血腫(そうかけっしゅ)
 と呼びます。
 爪下血腫は重度になると歩くたびに痛みを伴うようになるので、
●内部に溜まった血液
⇒爪下血腫とは?

◆青あざ・黒あざの違いについて

 皮膚に出来るあざにはその色から、様々な種類のあざに分類できます。
 最も多くあらわれるあざは、
●青あざ
 と呼ばれる、皮膚下組織の中でも
●皮膚の表面
 に近い部位に発生するあざです。
 そしてこのあざが更に深部、皮膚下組織の深い部分に発生すると、このあざは黒っぽく見えるようになります。
 このように見えるあざが
●黒あざ
⇒青あざ・黒あざの違い