皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆内出血の治療概要記事一覧

 内出血が発生してしまった場合の治療法方について解説します。
 内出血は皮膚下の細胞が損傷した場合に発生し、たくさんの血流が患部に集まって発生します。
 ですからほったらかしにしておくと、症状の度合いにもよりますが、内出血はどんどん進行していきます。
⇒内出血の治療法・対処法(続きを見る)

◆内出血による青あざについて

 青あざは、内出血が体表近辺に貯留している際に現れます。
 青あざが残るほどの内出血を起こした場合は、幹部近辺を触るだけでも痛みが走るようになります。
 青あざは一般的に1〜2週間ほどで自然と消えていきますが、症状が重い場合は1ヶ月程度青あざが残る場合があります。
 内出血の治療では初期段階ではアイシング処置を行いますが、途中からは温熱療法に切り替えて処置をしていく形となります。
⇒内出血による青あざについて

◆足裏の内出血の治療法

 足の裏の内出血を治療する際は、通常の内出血同様アイシング処置が有効です。
 また足裏は常に体重がかかる部位ですから、靴などの見直しも重要です。
 靴とまではいかなくとも
●インソール
 を変えるなどして足裏への衝撃を緩和することはすぐに可能です。
 また、靴のサイズのずれは
●足裏の障害を活性化
 させるので、サイズは適切なサイズを選ぶことも重要です。
 特に運動量が多い子供の靴を選ぶ際のポイントは
●かかと部分
⇒足裏の内出血の治療法