皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆皮膚の内出血について

 内出血とは、皮膚の下の細胞組織に出血が発生する障害のことです。
 内出血をすると、体表の皮膚に青紫色のあざが見られる事がよくあります。
 この内出血の原因は主に
⇒皮膚の内出血について(続きを見る)

◆内出血は悪いもの?

 内出血は傷ついた患部を早く治す為の人間の自然治癒力の働きによるものです。
 傷ついた部分に、血液を送り込み積極的に患部を治癒しようという働きが内出血現象の表れですから内出血そのものは悪いものではありません。
 しかし、過度な内出血は患部近辺の酸素を大量に消費します。
 細胞は酸素がなくなると生きてはいけません。
 その為、大量の内出血が発生するとまわりの元気な細胞も次々と死んでいきます。
⇒内出血は悪いもの?

◆紫斑病の可能性について

 特にぶつけてもいないのに足の裏に内出血が現れる場合は
●紫斑病
 の可能性が考えられます。
 紫斑病とは出血性疾患と呼ばれるもので、その原因は大きく2つに分けられます。
 ひとつは
●血管の異常に基づくもの
 そしてもうひとつは、出血を止める作用のある
⇒紫斑病の可能性について