皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆青あざ・黒あざの違いについて

 皮膚に出来るあざにはその色から、様々な種類のあざに分類できます。
 最も多くあらわれるあざは、
●青あざ
 と呼ばれる、皮膚下組織の中でも
●皮膚の表面
 に近い部位に発生するあざです。
 膝をぶつけると後日になってぶつけた部分に青タンが現れた経験をお持ちの方はかなり多いはずです。
 この青タンは青あざの一種なのですね。

◆青あざと黒あざは皮膚内に内出血が発生した深さによって色が異なっている

 青あざは皮膚の表面に近い部分に内出血などを生じると皮膚の表層近くに青タン状の青あざが発生します。
 足の裏などに確認されるあざの多くはこの青あざです。
 そしてこのあざが更に深部、皮膚下組織の深い部分に発生すると、このあざは黒っぽく見えるようになります。
 このように見えるあざが
●黒あざ
 と呼ばれるあざのことです。
 このように、皮膚の表面から浅い部分にあるケースと深い部分にあるケースによって目視で確認される「あざの色」に違いがみられることも覚えておくと良いでしょう。

※あざの色の豆知識
 内出血が皮膚の表層部に発症した場合と皮膚の深部に発症した場合はあざの色が異なって見える