皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆紫斑病の可能性と原因について

 特にぶつけてもいないのに足の裏に内出血が現れる場合は
●紫斑病
 の可能性が考えられます。
 紫斑病とは出血性疾患と呼ばれるもので、その原因は大きく2つに分けられます。
 ひとつは
●血管の異常に基づくもの
 そしてもうひとつは、出血を止める作用のある
●血小板の異常に基づくもの
 以上2つの原因です。

◆偏平足や外反母趾の場合

 紫斑病の疑いがある場合は、
●腎障害
 などに繋がる可能性もある為、必ず医師の診断を受ける事が大切です。
 また土踏まず部分などに内出血が生じている場合は偏平足や外反母趾などが原因となって靴と足がフィットしていないような場合でも内出血を発症することがあります。
 足裏マッサージ機を土踏まず部分に強く当ててマッサージすると翌日は歩けないほどの痛みを発症することもあります。
 足裏自体が痛みにやや鈍感な部位でもあることから本人がなかなか気づきにくいことも足裏の内出血障害が多く発症する原因にひとつと考えられるかもしれません。