皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆足裏の内出血の治療法

 足の裏の内出血を治療する際は、通常の内出血同様アイシング処置が有効です。
 また足裏は常に体重がかかる部位ですから、靴などの見直しも重要です。
 靴とまではいかなくとも
●インソール
 を変えるなどして足裏への衝撃を緩和することはすぐに可能です。
 また、靴のサイズのずれは
●足裏の障害を活性化
 させるので、サイズは適切なサイズを選ぶことも重要です。

◆子供の靴選びのポイントは適切なサイズの選択とかかと部分の補強具合

 運動量が多い子供の靴を選ぶ際のポイントは
●かかと部分
 の補強が別途しっかりなされているものを選びましょう。
 かかとが軟弱なシューズは消耗に弱く、かつ靴の中で足がすぐにあばれるようになり最も危険です。
 足のあばれは、足関節の捻挫やひざ関節へのダメージにつながる可能性もあります。
 子供のかかとの病気の代表とも言える踵骨骨端炎(シーバー病)やアキレス腱炎も靴の緩みが原因となっているケースもある点をしっかり把握しておきましょう。