皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆内出血の治療法・対処法

 内出血が発生してしまった場合の治療法について解説します。
 内出血は皮膚下の細胞が損傷した場合に発生し、
●たくさんの血流
 が患部に集まって発生します。
 ですからほったらかしにしておくと、症状の度合いにもよりますが、内出血はどんどん進行していきます。
 この進行を食い止める為には、患部近辺の
●血流の流れを抑制する必要
 が出てきます。

◆素早いアイシング処置が有効

 内出血を発生した際に、血流を抑制する方法のひとつに
●アイシング処置
 と呼ばれる処置があります。
 アイシング処置では、患部近辺の熱=カロリーを奪い、
●余分な酸素の消費
 の抑制効果が働く点が最大のポイントです。
 打撲や捻挫などをした場合に、まず冷やしなさい!
 というケースはこのアイシング処置を指しているのですね。
 アイシング処置は応急処置の基本ですが、炎症の発症後いかに素早くアイシング処置をできるかどうかで回復までの期間が大きく変化します。