皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆皮膚の内出血について

 内出血とは、皮膚の下の細胞組織に出血が発生する障害のことです。
 内出血をすると、体表の皮膚に青紫色のあざが見られる事がよくあります。
 この内出血の原因は主に以下の2つのパターンがあります。

◆打撲などの外部からの衝撃・固いものへぶつけるなどによるもの
◆内部の臓器、血管の損傷によるもの

◆内出血を発症しやすい部位

 内出血を発症するケースの中で一般的に頻繁に発生する可能性をもつ内出血の大半は前者の「外部からの衝撃」・「固いものにぶつける」などが原因となって内出血を発症するものです。
 このように突発的に発症する障害のことを外傷と呼びます。
 尚、内出血が発症しやすい部位としては、人体の大幹部分よりも

●頭・後頭部
●腕
●足首

 などの末端部位に発症しやすい傾向にあり捻挫などをすると大抵の場合内出血が発症します。

 尚、頭部に内出血がある場合は、吐き気などの症状がある場合は危険性が高いので医師の診察が重要です。