皮膚・足裏の内出血の治し方

皮膚の組織の内出血・青あざ・黒あざ・足裏に出来る内出血の原因と治し方の解説。

◆皮膚・足裏の内出血の治し方

 皮膚や足裏にある日突然のように発症する青あざのような内出血。
 この内出血はいったいどのようにして発症しているのでしょうか?
 当サイトでは内出血の基本的なしくみや自分で対応できる治療方法の解説。
 更に内出血を及ぼす可能性をもつ疾患の種類や特徴について入門者向きにわかりやすく解説しております。

◆皮膚の内出血について

 内出血とは、皮膚の下の細胞組織に出血が発生する障害のことです。
 内出血をすると、体表の皮膚に青紫色のあざが見られる事がよくあります。
 この内出血の原因は主に
⇒皮膚の内出血について(続きを見る)

◆内出血の治療法・対処法

 内出血が発生してしまった場合の治療法方について解説します。
 内出血は皮膚下の細胞が損傷した場合に発生し、たくさんの血流が患部に集まって発生します。
 ですからほったらかしにしておくと、症状の度合いにもよりますが、内出血はどんどん進行していきます。
⇒内出血の治療法・対処法(続きを見る)

◆内出血による青あざについて

 青あざは、内出血が体表近辺に貯留している際に現れます。
 青あざが残るほどの内出血を起こした場合は、幹部近辺を触るだけでも痛みが走るようになります。
 青あざは一般的に1〜2週間ほどで自然と消えていきますが、症状が重い場合は1ヶ月程度青あざが残る場合があります。
 内出血の治療では初期段階ではアイシング処置を行いますが、途中からは温熱療法に切り替えて処置をしていく形となります。
⇒内出血による青あざについて

◆内出血は悪いもの?

 内出血は傷ついた患部を早く治す為の人間の自然治癒力の働きによるものです。
 傷ついた部分に、血液を送り込み積極的に患部を治癒しようという働きが内出血現象の表れですから内出血そのものは悪いものではありません。
 しかし、過度な内出血は患部近辺の酸素を大量に消費します。
 細胞は酸素がなくなると生きてはいけません。
 その為、大量の内出血が発生するとまわりの元気な細胞も次々と死んでいきます。
⇒内出血は悪いもの?

◆足裏に内出血が出来るパターン

 内出血が足の裏に出来るパターンは以下のようなケースが考えられます。
 ひとつは、過度な衝撃、打撲などによる強い力、衝撃によって発生する内出血。
 そしてもうひとつは、
●アレルギー性の疾患
 などによる内出血です。
 足の裏は様々な体内の情報を現すと言われております。
 体のある部分に異常をきたすと、その情報は足の裏にあらわれることから、足裏の診察は重要視されます。
 特に、ぶつけるなどの症状がないにも関わらず、内出血が現れる場合は、
⇒足裏に内出血が出来るパターン

◆足裏の内出血の治療法

 足の裏の内出血を治療する際は、通常の内出血同様アイシング処置が有効です。
 また足裏は常に体重がかかる部位ですから、靴などの見直しも重要です。
 靴とまではいかなくとも
●インソール
 を変えるなどして足裏への衝撃を緩和することはすぐに可能です。
 また、靴のサイズのずれは
●足裏の障害を活性化
 させるので、サイズは適切なサイズを選ぶことも重要です。
 特に運動量が多い子供の靴を選ぶ際のポイントは
●かかと部分
⇒足裏の内出血の治療法

◆紫斑病の可能性について

 特にぶつけてもいないのに足の裏に内出血が現れる場合は
●紫斑病
 の可能性が考えられます。
 紫斑病とは出血性疾患と呼ばれるもので、その原因は大きく2つに分けられます。
 ひとつは
●血管の異常に基づくもの
 そしてもうひとつは、出血を止める作用のある
⇒紫斑病の可能性について

◆爪下血腫について

 足の内出血障害で多い障害のひとつに爪の内出血があります。
 爪の内部がどす黒くなる内出血で黒づめなどとも呼ばれるものです。
 つま先を何かにぶつけたり靴のサイズが小さいものをはき続けた場合などに爪の内出血が発症します。
 この爪の内部の内出血のことを
●爪下血腫(そうかけっしゅ)
 と呼びます。
 爪下血腫は重度になると歩くたびに痛みを伴うようになるので、
●内部に溜まった血液
⇒爪下血腫とは?

◆青あざ・黒あざの違いについて

 皮膚に出来るあざにはその色から、様々な種類のあざに分類できます。
 最も多くあらわれるあざは、
●青あざ
 と呼ばれる、皮膚下組織の中でも
●皮膚の表面
 に近い部位に発生するあざです。
 そしてこのあざが更に深部、皮膚下組織の深い部分に発生すると、このあざは黒っぽく見えるようになります。
 このように見えるあざが
●黒あざ
⇒青あざ・黒あざの違い

◆打撲によるあざの症状

 打撲とは、何か固いものにぶつけるなどをした際の症状を指します。
 この打撲の際には、あざのような内出血などを伴うケースも多く見られます。
 打撲の際に発生した内出血についてお調べの方。
 また、内出血のメカニズムをお調べの方はこちら。
⇒打撲・あざの治療法


⇒お問い合わせ
⇒プライバシーポリシー